Menu

ガラス板

さまざまな分野に使える

アクリル板はプラスチックの一種で透明度に優れた樹脂素材です。アクリル板はその優れた透明度からガラスの代わりとして使われており、ガラスよりも優れた耐衝撃性から衝撃が発生するような場所でも広く使われています。

素材

食品の着色料などでも活用

酸化チタンは食品・化粧品などの人体に使われる他に、身の回りの製紙・プラスチック・ゴムなどの日用品にも使われます。その特性には汚染物質の除去・紫外線対策に有効ですが、国内では発がんの疑いのある物質に分類され、吸入による炎症・異常などのリスクが存在します。

硝子

女王たる所以を探る

数あるプラスチックの中でも「プラスチックの女王」とも評されるのがアクリル板です。透明度が高く、非常に軽い素材のためガラスの代用品として用いられることもあります。日常生活に欠かせないものとなっているのは、その加工のしやすさが所以です。まさに万能な素材のアクリル板は、非常に高性能なのです。

粉末

様々なものに使われる

酸化チタンは古くは白色系の顔料として広く使われ、安全性から医薬品や化粧品などの安全な着色料としても使われてきたものです。酸化チタンの用途は広がっており安全性も高いため日本の化学関係の会社でも広く扱われています。

アクリル板

希望通りに加工できる

アクリル板は様々な利用方法があるので利用している業者や会社は多いです。そんなアクリル板を自由自在に加工したい時は業者に依頼するのが一般的です。角はもちろん大きさ等も望む通りに加工できるので思い通りに利用できます。

代替が可能

ねじ

コストダウンに貢献

今の時代は、一度確立された技術を模倣することは比較的容易であり、10年前には突出した技術であっても、いつまでも最新技術とは言えなくなってきています。工業的な分野では、特にその傾向は強く、生き残っていくためには、次の技術を開発する必要があり、また同じ技術であってもコストダウンに挑戦することは必須といえます。化学物質についてもそれは該当し、酸化チタンは紙、パルプの白色度向上、光沢改善などの目的で使用されており、その他として、プラスチック、塗料、ゴムの品質向上剤として使用されています。この使用用途の広い酸化チタンは、プラスチック業界はもちろん、産業用電気機器業界、自動車輸送機器業界まで広く浸透しています。この酸化チタンに代わる安価な物質を提案することができれば、大きなメリットを生むことができることが予想されます。こういった代替物質の開発は、各企業で取り組まれており、新製品発表会などで提案されています。特に、酸化チタンの代わりとなる焼成カオリンについては、注目を集めており、酸化チタンと100%の代替が可能であることに加え、添加量も削減することができるようになっています。この焼成カオリンを扱っている企業については、現取引先が扱っていなくとも、インターネット上でも探すことができるようになっています。各企業が独自のデータを持っていることから、その効果について比較してみることで、最適な商品に出会うことができます。