Menu

女王たる所以を探る

硝子

ガラスを凌駕するその性能

今や、日常生活で欠かすことができない素材の1つとして「プラスチック」が挙げられます。プラスチックには様々な種類がありますが、その中でも「アクリル板」は透明度の高さやその使い勝手の良さから「プラスチックの女王」といわれています。水槽や看板、文房具として使われるのをはじめ、ガラスの代用品としてさえ使われることがあるほどです。今回は、アクリル板が持つ様々な特徴をご紹介します。まず1つ目は「透明度の高さ」です。一見すると、ガラスと見間違えるほどの透明性は数字においても実証されています。ガラスの光線透過率は92%であるのに対して、アクリル板の光線透過率は93%となっています。このことは、アクリル板がガラスよりも透明であることを表しています。2つ目は「軽い」ということです。アクリル板はガラスよりも軽いです。透明性が高く軽いため、ガラスの代用品として利用されることもあるのです。上質な感覚ももたらすことから、その需要は非常に高くなっています。3つ目は「加工のしやすさ」が挙げられます。ガラスとは異なり、切断したり、穴をあけたり、接着できたりと加工の自由度は非常に高くなっています。さらにはコーティングすることも可能ですので、紫外線のカットなどにも役立ちます。様々な製品を作ることができるのは大きなメリットです。4つ目は「耐久性の高さ」です。外で使用すると天候に左右されたり厳しい環境にさらされることもありますが、そんな中でもアクリル板は劣化しにくいのです。また、衝撃にも強く表面はガラスの10倍もあるのです。万一破損してしまっても、ガラスのように破片が飛び散らないので安全です。高電圧にも耐えられるので、自転車のランプレンズなどにも使用されているほどなのです。このように、アクリル板は様々な場面で使用できる高性能な素材なのです。