Menu

様々なものに使われる

粉末

用途と安全性

酸化チタンは、金属のチタンと酸素が化合したものです。酸化チタンといってもいくつかの種類がありますが、通常酸化チタンといった場合には二酸化チタンを指しています。酸化チタンは自然界にも存在し、金紅石、鋭錐石、板チタン石などの主成分として産出されます。この酸化チタンそのものは古くから様々な用途で使用されています。代表的なものには、塗料や絵具、釉薬などを挙げることができます。また、近年では人体への影響が少ないことから食品や医薬品、化粧品にも使われています。また最近では、太陽電池にも使用され色素増感の材料としても注目されています。酸化チタンを利用する場合には専門会社から原料を購入する必要があります。日本には酸化チタンを扱っている化学関係の会社も多く製品に採用することは容易です。酸化チタンの用途は、今後も増えると考えられており、これまでの白色するための材料として使われるほかにも、性質を応用して建材などにも使われています。もし、この酸化チタンを使用した製品を作りたい、事業を起こしたいと考えているのであれば、専門業者へ依頼しましょう。専門業者では製造プロセスや安全面などをしっかり打ち合わせしてくれます。そして、試作品やユーザーテストなどもしっかり行なってくれます。納得のいく製品が出来上がったら、本格的に製造開始となり、試行錯誤して製品開発を行なうことが可能です。また、実際に依頼をする際には、コンプライアンスが整っている専門業者を選定しましょう。